FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原高史展

Y++ | Wada Fine Arts

2012年12月8日(土)〜2013年1月19日(土)
12:00~19:00 定休日 : 月、日、祝日

展覧会・作家紹介
  今回ご紹介致します、原高史氏の作家活動はペインティングを中心とした個人的な作品制作と、ピンクウインドウズプロジェクトとして広く認知されている、プロジェクトとの両輪から成ります。プロジェクトは1998年新潟から始まり、その後ドイツの3都市(ベルリン、ミュンスター、ヴィスバーデン)で次々に開催され、2006年の第1回シンガポールビエンナーレで広く世界から注目を集めました。その後、東京(赤坂アートフラワー/府中ビエンナーレ)、新潟(妻有トリエンナーレ)、ハバナビエンナーレ(キューバ)、クリチバビエンナーレ(ブラジル)、サンパウロ、台北現代美術館(台湾)、香港 、 他多数。と様々な場所でこのプロジェクトは開催されております。
 又同時にペインティングワークもプロジェクトと深く連動した作品、“ポケットブックシリーズ”が高く評価されております。代表的な展覧会として、ペルガモン博物館([Das ABC der]「絵画と言葉」2007 ベルリン)府中美術館(府中ビエンナーレ「トゥルーカラーズ〜色をめぐる冒険」2008 東京)等の美術館でのグループ展に出展、アジア最大のアートフェアー、Art HK11では個展ブースで3.11の津波をテーマにした作品を、絵画、映像、立体のインスタレーションとして展示され注目を集めました。今回ワダファインアーツでは ペインティングを中心に新作200号2点と小品数点を展示予定です。
Contact
中央区築地3-2-5 第2平和田ビル1階ワダファインアーツ
Wada Fine Arts 1F Dai 2 Hirawada Bldg. Tsukiji Chuo-ku Tokyo
Tel. 03-5848-7172/Fax. 03-5848-7173
info@wadafinearts.com  http://wadafinearts.com

harawork1_ss_convert_20121207001108.jpg

「心の中の少女は次々に生まれて死んでいく」 2012年  200号 キャンバス/アクリル






コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。