スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新訳”てぶくろ“』公演 KIDS ART CAMP Yamagata 2012

20120719_7.jpg

20120719_6.jpg

東北復興支援機構TRSOワークショッププログラム
〈キッズ・アート・キャンプ山形2012〉
新訳 “てぶくろ”
日時:2012年8月5日[日]14:00―15:30
原作:エウゲーニー・M・ラチョフ(ウクライナ民話)
出演:福島県南相馬市の子どもたち
会場:東北芸術工科大学こども芸術教育研究センターこども劇場

東日本大震災の発生から1年5ヶ月。地域再生にむけて歩みはじめた福島県南相馬市の児童・生徒を、夏休みに東北芸術工科大学に招待する『キッズ・アート・キャンプ山形』。2回目となる2012年のキャンプは、世界中で愛されているウクライナの民話“てぶくろ”を題材に、ダンス、ファッション、音楽、舞台美術のワークショップを実施します。キャンプの最終日には、大学内の劇場で、子どもたちがつくりあげた“てぶくろ”をダンス作品として上演します。
 キャンプの3日間、子どもたちの創作活動を導くのは、国内外で活躍するクリエイターたち。そして、親たちやたくさんの学生ボランティアも、“てぶくろ”の創作に参加します。すべては即興、はじめての出会い、世代を越えた共同制作、さらに原作にも独創的な解釈を加えた新訳・東北版の“てぶくろ“。一体、どのような舞台が生まれるのでしょう!? 公演日の8月5日、東北芸術工科大学で子どもたちの躍動をぜひご覧ください。

演出:中山ダイスケ(アートディレクター/東北芸術工科大学教授)
衣装指導:飛田正浩(ファッションデザイナー/spoken words project主宰)
音楽指導:村山政二朗(パーカッショニスト)
ダンス指導:伊東歌織(ダンサー/コレオグラファー)
美術指導:原高史(アーティスト/東北芸術工科大学准教授)
サポート:東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科学生
企画:宮本武典(東北復興支援機構プログラムディレクター)
制作:須藤知美、阿部貴博、役野友美、福興会議(佐藤彩絵+高橋悠眞)
主催:東北芸術工科大学
協力:NPO南相馬こどものつばさ、奥山心一朗(Cherry Music)
助成:公益財団法人日本文化藝術財団、株式会社三越伊勢丹、メットライフアリコ社員寄付子ども支援プログラム
サポート:東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科、三橋奈穂子(spoken words project)、手代木花野、京都造形芸術大学舞台芸術学科学生有志、平野拓也




テーマ : 絵画・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。