スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾プロジェクト報告 Pick Me, Pink Me!



3月12日より開催中のSigns of Memory @ MOCA Taipeiの
関連イベントとして、5月15日にPick Me, Pink Meを開催しました。

TH_MOCA_view037.jpg


TH_PickMe_003.jpg



MOCA Taipeiの正面窓を彩る67枚の窓とともに、
参加者の皆さんに68枚目の窓となってSigns of Memoryを体験してもらう企画です。

用意されたピンク色のボードに、『何年後かの誰かへのメッセージ』を書いてもらい、
ピンクパネルの前で撮影をしました。

TH_PickMe_014.jpg
MOCAスタッフにも協力してもらい、撮影。

この他、事前に小学校と中学校の生徒にもワークショップとして記入、撮影をしました。

pinkme01.jpg

撮影された画像は、MOCA Taipeiの正面のスクリーンに投影されます。

TH_PickMe_037.jpg
(設営時の様子)


イベントは夕方から始まり、時折雨がぱらつく中、大勢の方に参加していただきました。

TH_PickMe_084.jpg
オープニングでご挨拶。右隣はMOCAの館長さんです。館長さんの言葉もたくさん窓にあります。

TH_PickMe_092.jpg

TH_PickMe_131.jpg
関係者で記念撮影。

TH_PickMe_080.jpg

TH_PickMe_073.jpg
レジストレーション後に、各々書き込みます。

TH_PickMe_052.jpg
お祭りっぽくするために、わたあめ。



TH_PickMe_054.jpg
オープニングでは、日本留学経験のある台湾の学生さんたちが、秋田太鼓を披露してくれました。


TH_PickMe_077.jpg



TH_PickMe_145.jpg
おそらく仲良しグループさんたち。何が書いてあるのでしょう。


TH_PickMe_161.jpg
スクリーンには順番に、さきほど書かれて撮影された画像が映し出されます。

TH_PickMe_047.jpg
10年後にこの赤ちゃんに見せたいと仰ってたお母さんです。

TH_PickMe_169.jpg


TH_PickMe_167.jpg
夜まで続きました。

沢山の方が参加してくださって、それぞれ、いろんな思いをボードに載せてくれたと思います。

この模様をダイジェストとしてまとめて、発表予定です。


美術館のスタッフも、皆さんがとっても一生懸命協力してくれて、非常に助かりました。
彼らにとっても、良いイベントとして記憶に残っていけば、また良いと思います。

(あ)

TH_PickMe_079.jpg
MOCAおよびWada Fine ArtsにてTシャツ販売中。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。