FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩室の会 eatart

d0161221_10564071_convert_20140428001704.jpg

eatart

今回の岩室塾は「eatart」という、食とアートを通して文化的な出逢いと交流を楽しむ会です。
岩室の会員でアーティストである原高史氏と靗山荘と周辺別荘に「小さな窓プロジェクト」を展開します。
4日は参加者とゲストと共にトークショー、言葉のワークショップ、お酒のデザインを取り入れた企画等を行います。
またうらがわら駅でのギャラリー展開。第一弾は2つのインスタレーション展示を行います。
昼食は手打ち蕎麦と地元で採れた季節を感じる山菜料理、Barでは岩室オリジナルカクテル、夜は岩室の会が関わる純米酒「岩室の会うらがわら」
comportがデザインした武蔵野酒造の新酒「みぞれ酒」をはじめ
新潟のお酒を厳選20を用意します。
東京から山形から、様々な場所から靗山荘の暖炉に集まり、飲んで食べてゆっくりと山で語らいましょう。

日時:2014年5月4日(日)10:30 靗山荘集合
場所:靗山荘 上越市浦川原区岩室612-4 tel:025-599-2324

岩室の会HP http://iwamuronokai.com

facebook 岩室の会2014 eatart









スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

新潟県自治活動賞でサインズ・オブ・メモリー月影

IMG_0354_convert_20120229220831.jpg

「小さい集落の、小さな活動」に地域づくり部門賞
新潟県自治活動賞でサインズ・オブ・メモリー月影(上越市浦川原区横住地区)

 上越市浦川原区横住地区の有志で組織するサインズ・オブ・メモリー月影(丸山巧代表、14人)による平成12年からの取り組み、アートによる地域活性化がこのほど、平成23年度第30回新潟県自治活動賞地域づくり部門賞を受賞した。三条市で26日に開かれた新潟県ふるさとづくり大会で、あしたの新潟県を創る運動協会(堀川徹夫会長)から表彰された。

 サインズ・オブ・メモリーは「想い」の中の目印という意味。小学校の廃校が決まり、過疎と高齢化、少子化の進む月影地区を元気にと、ワークショップを重ねてアートイベントを選んだ。

 旧村と縁のあった現代芸術家の原高史さん(現東北芸術工科大准教授)監修のもと学生も協力。「住民の顔が見える」「元気」をコンセプトに屋号を絵で表し、看板を全戸の入り口に配置した。

 次年度は集落全戸の窓にパネル絵をはめ込み、3年目は集落を1冊の絵本に見立て、各戸を絵物語に位置付け、1500枚に着色した。この後も村の小さな道しるべと題してメッセージのれんを掲げ、平成22、23年は案内サインやシンボルを集落に設置している。年長者の仲間づくりの場「元気会」も生まれ、きずなと活気が深まった。

 地元のよろばた月影で26日、住民はじめ支援を続けた学生や原准教授も駆けつけ祝賀会が開かれ、
受賞を喜んだ。

 丸山代表(61)は「長く続け、助け合い、協力してやってきた。小さい集落の、小さな活動の積み重ねが受賞につながったのだと思う。私たちの思いを評価していただいた」と話している。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

パルテノン多摩 2012年

Papic project / 25th Anniversary Parthenon Tama


2012年10月にパルテノン多摩は開館25周年になります。
25周年記念事業つながるデザインプロジェクト • パピックプロジェクト
2つを監修/企画します。

パピックlogo_convert_20120211212831


papic project 2011-2013~




25logo_convert_20120211212911.jpg


2011年ー2013年 パピック 監修 原高史

公益財団法人多摩市文化振興財団 パルテノン多摩

HP パルテノン多摩

パピック/25周年ロゴ デザイン 阿部由希

これから多くの方々と関わりながらプロジェクトを進めていきたいと考えています。









テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

新潟県自治活動賞 受賞

d9a8bf520a417477f949044bad2ed343.jpg
新潟県うらがわら横住、1999年からはじまった小さな集落での活動が2011年に褒めて頂いた。
ここで窓プロジェクトをはじめ、数々のプロジェクトを生み出しては世界へとつなげていった私の特別な場所。
住民とも親戚以上の付き合いで、今も世代交代しながらプロジェクトは続いている。



テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

パピック

img_data1-1321327754-aW85454.jpg


2012 パピック始動




テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

KIDS ART CAMP Yamagata キッズアートキャンプ山形

s1398792291.jpg
1370427518.png

KIDS ART CAMP Yamagata

KIDS ART CAMP Yamagata
キッズアートキャンプ山形

会期:8月9日[火]→12日[金](3泊4日)
会場:東北芸術工科大学キャンパス、他

『KIDS ART CAMP Yamagata』は、 福島原発事故で被災された南相馬市のご家族と子どもたちのグループを、夏休み期間中の3泊4日、 西蔵王の麓にある大学キャンパスに招待するプログラムです。 美術大学としての特徴・施設を活かした演習だけなく、山形の固有文化に根ざした地域密着型カリキュラムに親子で参加。子どもグループの活動は〈お世話係〉の学生たちが寝食を共にしてフォローアップします。『KIDS ART CAMP』では、東北の未来を担う福島のこどもたちの創造体験を、 〈大学〉と〈山形〉の知財を最大限に発揮してサポートします。

企画:宮本武典、原高史、加藤丈晴
講師:山崎和樹、深井聡一郎、花澤洋太、竹内昌義、馬場尊正、大学近郊の農家の皆さん
協力:南相馬こどものつばさ実行委員会、京都造形芸術大学、山形大学

お問い合わせ

東北復興支援機構TRSO

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。