FC2ブログ

Happy New year ! 原高史 / takafumi hara


9d9c5fa55b1d95aa309feec70940df5c.jpg



Happy New year! 2019

2019年は個展での新作発表、プロジェクト制作を予定しています。
本年もどうぞよろしくお願い致します。







東北芸術工科大学/リキテックス スクエアアートコンペ開催!



SCチラシ_1_ol_アートボード 1



毎年恒例、東北芸術工科大学/リキテックス スクエアアートコンペ開催!

昨年に引き続き、本学学生を対象とした、「スクエア・アート・コンペティション」を学内で開催します。
アクリル絵具のリキテックスをはじめとした画材を幅広く提供するバニーコルアート株式会社の協力により行われる当コンペは、今年で4回目の開催となります。
今年のテーマは「やまがたの美」
30㎝×30㎝のキャンバスに、「山形の美」と意味するものを自由に表現してもらい、応募された作品の中から、審査員10名(バニーコルアート株式会社社長及び本学教授・准教授・講師)が各審査員賞を決定します。
受賞者にはリキテックス商品券1万円分が贈呈されます!!

リキテックス色材体験ブースが応募期間中に設置されます。
絵具、メディウムなどリキテックス製品をこの機会に無料で体験しましょう!!

なお、応募された作品は、12月3日(月)〜13月13日(木)まで、本学本館1階ウォールギャラリーにて、全学の学生から応募された作品を展示します。

■応募期間
11月19日(月)~11月30日(金)
対象:本学学生
テーマ:「やまがたの美」
30㎝×30㎝キャンバスに、それぞれの考える「やまがたの美」を描く。
「山形の美」と意味するものを自由に表現する。

■『スクエア・アート・コンペティション』展示
期間:2018年12月3日(月)〜12月13日(木)
時間:平日9:00~19:00/土曜日10:00~17:00(日曜日 休館)
会場:東北芸術工科大学本館1階ウォールギャラリー

■授賞式
日時:2017年12月5日(水)17:00~(予定)
会場:東北芸術工科大学本館1階ウォールギャラリー
受賞者にはリキテックス商品券1万円分を授与
企画:バニーコルアート(株)/東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科
担当教員:原高史グラフィックデザイン学科教授


●バニーコルアート(株)野見山社長コメント
リキテックスを始めとした画材を幅広くご提供させて頂いているバニーコルアート(株)は、東北芸術工科大学におけるアート作品の学内コンペティション「スクエア・アート・コンペ」を、 東北芸術工科大学の諸先生方のご理解を得て、開催致しました。
「美術のわかりやすい象徴である絵具で、学生と教員をつなぎ、かつ東北芸術工科大学の良さを発信する。」ことを目的とした学内コンペとして、有志の学生、教員の皆様と共に、企画・運営しております。
この活動は「ユーザーニーズにこたえる、世界の優れた画材ブランドと画材の製品およびサービスの提供を通じ、 永く日本の芸術文化の維持発展に貢献する」というコーポレートミッションに基づきつつも、いかに大学教育に貢献できるかを模索した実験的な取り組みでもあります。
大学の基本使命にもある学生が身につけるべき4つの力「想像力」「創造力」「意志」「社会性」を養う一つのきっかけになれば幸いです。」

芸工大生のみなさん!どしどしご応募おまちしております!!






原高史 「鯨ヶ丘の小さな声 アートとデザインでまちづくり」

835E0E42-2217-4E80-BCBE-71C6D55D0217.jpeg  原高史ポスター


茨城県北芸術祭で生まれた気運を活かし行われる
地域×アーティストのプロジェクトが茨城県常陸太田市で開催

「原高史 鯨ヶ丘の小さな声 アートとデザインでまちづくり」

常陸太田市では、KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭で生まれた気運を活かし、地域とアーティストが共に創造し、人と人との関わり、縁(えにし)を表現していくプロジェクトが進行しています。アーティストは前回芸術祭において鯨ヶ丘のまちなかに展示され話題となった「サインズ オブ メモリー 2016:鯨ヶ丘のピンクの窓」の作者であり、東北芸術工科大学原高史教授です。地域の方々から寄せられた特徴的な言葉を選び出し、言葉でまちを飾る標識・看板を新たに制作し、街灯に展示しています。制作にはグラフィックデザイン学科の学生と副手も参加しました。オリジナルマップを片手にまち歩きをしながら、この地域の過去・現在・未来を感じる作品をぜひお楽しみください。

<作品展示期間>
9月30日(日)-11月25日(日)
会場:JR常陸太田駅待合所、茨城県常陸太田市鯨ヶ丘商店街
鯨ヶ丘のまちなかに作品が展示されます。
※展示は予告なく終了する場合があります。

主催:常陸太田市 | 企画:エヌ・アンド・エー株式会社 | 協力:鯨ヶ丘商店会、鯨ヶ丘クラブ

公式URL : http://kenpoku-art.jp/event/8945/
オリジナルマップDL : http://kenpoku-art.jp/wp/wp-content/uploads/2018/09/d8b832c6f1b37374c25a0d775946ab0a.pdf

プロジェクト公式Facebookページ : https://www.facebook.com/LittleVoiceProject
プロジェクトの活動報告から今後の予定まで、最新情報を発信しています。

<お問い合わせ>常陸太田市企画課 担当:田辺・安島・森田
TEL:0294-72-3111(内線311、312)
MAIL:kikaku1@city.hitachiota.lg.jp









第23回NHKハート展 原高史

images_2018100320193069b.jpeg



e746c50d929ff13337aab5cea65f6e33.jpg

第23回NHKハート展が全国を巡回。10月は山形県東根市まなびあテラスで開催します。
オープニングにアーティストトークをします。

まなびあテラスHP

東根市市制施行60周年記念事業 

第23回NHKハート展

2018年10月06日〜2018年10月21日

「NHKハート展」は、詩とアートを組み合わせた展覧会です。障害のある人がつづった詩に込められた思いを、各界の著名人やアーティストがハートをモチーフにアート作品で表現しています。
 23回目となる今回は、全国から寄せられた4,084編の詩の中から選ばれた50編の詩に、俳優の青木崇高さん、料理研究家の土井善晴さん、漫画家の高橋陽一さん、東北芸術工科大学教授の現代美術家・原高史さんなど、各界の著名人やアーティスト50人の方に心温まるアート作品を制作いただき、展示いたします。
 今回は、東根市市制施行60周年記念して、まなびあテラスで巡回開催します。

【 展覧会概要 】
東根市市制施行60周年記念事業 第23回NHKハート展
会  期:10月6日(土)- 10月21日(日)
会  場:まなびあテラス 市民ギャラリー(山形県東根市中央南1丁目7-3 さくらんぼ東根駅から徒歩9分、無料駐車場150台)
開館時間:午前9時-午後6時 (初日は9時30からの開会式終了後一般公開) 
休館日: 10月9日(火)

主催:東根市、NHK山形放送局、NHK厚生文化事業団、NHKサービスセンター、全国社会福祉協議会
後援:内閣府  協力:王子製紙株式会社、アート村、NHK出版
NHKハート展ホームページ http://www.nhk-sc.or.jp/heart-pj/art/heart/



【 開会式&アーティストトーク 】

日  時:2018年10月6日(土) 午前9時30分 
    (※どなたでもご参加いただけますので、直接会場までお越しください。)
場  所:まなびあテラス エントランスホール

9:30~ 開会式
9:45~ アーティストトーク〔出展者/原高史氏(東北芸術工科大学教授) 市民ギャラリー内〕
      東北芸術工科大学教授の現代美術家・原高史氏による自身の出展作品についてのアーティストトーク。
      本展出展への思いや、山形での作品制作についてなどをトークしていただきます。










Meets KENPOKU 「小灯りプロジェクト」原高史 アートトーク&ワークショップ 



0001_convert_20180222071224.jpg


Meets KENPOKU
小灯りプロジェクト

2018年2月25日(日)
/ kenpoku hp

常陸太田市では、2016年の茨城県北芸術祭で生まれた気運を活かし、地域とアーティストが共に創造し、鯨ヶ丘だからこそ残せる歴史や、人と人との関わり、縁(えにし)を表現していくプロジェクトを実施します。招聘するアーティストは鯨ヶ丘で展示された「サインズ オブ メモリー 2016:鯨ヶ丘のピンクの窓」の作者である原高史さんです。

ひな祭りの時期に合わせ、球体型のライトを使い、まちに小さな明かりを灯すようなものを参加者の皆さんと一緒に対話しながらつくりたいと思います。ぜひご参加ください。

日時
2018年2月25日(日)
12:30-    開場
13:00-13:30 アーティストによる活動紹介・作品紹介
13:30-16:00 小灯(こあかり)ワークショップ  
場所
旧コウワ(茨城県常陸太田市東二町2231)
※お車でお越しの方は、梅津会館駐車場をご利用ください。

参加方法】
事前申し込み制(定員30名程度) ※電話またはEメールでお申し込みください。

※プログラム中の様子を記録撮影いたします。記録物は、広報媒体等に掲載させていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。

【申込み・お問い合わせ】
常陸太田市役所 政策企画部企画課(担当:田辺・森田)
電  話:0294-72-3111(内線:311、312)
Eメール:kikaku1@city.hitachiota.lg.jp




kenpoku art 原高史 takafumihara

サポーターセッション 〜私のKENPOKU宣言!

11/23(木・祝)11:00〜
kenpoku総合ディレクターの南條史生氏とkenpoku山側アーティスト原高史と参加者との意見交換や交流会を開催いたします。


主なプログラム

南條史生(茨城県北芸術祭総合ディレクター)と2016年芸術祭参加アーティストによるトーク
2016年開催時を振り返っての思い出などの意見交換
今後に向けて、地域の魅力的な場所や人、体験などについてのディスカッション

開催概要

山側会場ゲスト:原高史
海側会場ゲスト:力石咲

日時
【山側】11/23(木・祝)11:00〜15:00(10:30開場)
【海側】11/25(土)10:30〜14:30(10:00開場)
場所
【山側】11/23(木・祝):里山ホテル ときわ路(常陸太田市増井町1800)
【海側】11/25(土):うのしまヴィラ(日立市東滑川町5-10-1)
参加費
500円(軽食付き)※定員各50名


https://kenpoku-art.jp/event/7410/


63e61e08962e8261639fae9a4f540451.jpg

南條史生 茨城県北芸術祭 総合ディレクター

1949年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部、文学部哲学科美学美術史学選考卒業。数多くの国際芸術祭のディレクションを担当。ヴェネチア・ビエンナーレ日本館(1997)等のほか、台北ビエンナーレ(1998)、横浜トリエンナーレ2001、シンガポール・ビエンナーレ(2006,2008)、茨城県北芸術祭(2016)、ホノルル・ビエンナーレ(2017)では、その立ち上げにも関わった。


d970e5ed502c0f31366a88b489d10bdc.jpg

原高史

1968年東京都生まれ/在住。現代美術家、東北芸術工科大学グラフィック学科 教授。主な活動に、地域の人々とのコミュニケーションを通して得た「ことば」をイラストと共にカラーパネルに描き、家々の窓の形に沿って貼るプロジェクト「Signs of Memory」や、言葉と絵を組み合わせた絵画シリーズ「pocketbook」など。芸術祭では「Signs of Memory」を常陸太田市の鯨ヶ丘商店街で実施した。

アートラインかしわ2016  原高史 柏ピンクプロジェクト




image25874_1.jpg

柏ピンクプロジェクト・ そごう柏店のピンクの窓

アーティスト 原高史

■そごう柏店...9月26日(月)~9月30日(金) ■柏駅東口Wデッキ...10月3日(月)~11月3日(木・祝)

http://2016.kashiwa-art.com









kenpoku art  原高史 takafumi hara


kenpokuart.jpg

海か、山か、芸術か? KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭は、茨城県北6市町の豊かな自然を舞台に、アートと科学・技術の実験を通して、新たな創造の息吹を吹き込む芸術祭です。

会期:2016年9月17日(土)~11月20日(日)[65日間]

原高史 / サインズ オブ メモリー2016: 山側 鯨が丘商店街、梅津会館、ピンクの窓で出展。

https://kenpoku-art.jp










kenpoku 窓プロジェクト1 原高史 takafumihara


059_201610042244476fes.jpg

サインズ オブ メモリー2016 原高史 :鯨ケ丘のピンクの窓
→https://kenpoku-art.jp/artists/takafumi-hara/

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭
テーマ:海か、山か、芸術か?
会期:2016年9月17日(土)~11月20日(日)[65日間]

→kenpoku 山側 常陸太田市鯨が丘商店街









Meets KENPOKU 「小さなピンクの窓」原高史 アートトーク&ワークショップ 



0001_convert_20160713235456.jpg


Meets KENPOKU
「小さなピンクの窓」アートトーク&ワークショップ開催


7月23日 土曜日 14:00-17:00

hp→kenpoku art


■申し込み:下記の申込書に必要事項を記入の上、常陸太田市役所政策企画部企画課までFAXにてお申し込みください。
Eメールの方は、件名を「7月23日ワークショップ」とし、申込書の内容をメール本文に記載して送信してください。

FAX:0294-72-3002
Eメール:kikaku1@city.hitachiota.lg.jp

7月23日(土)原高史ワークショップ チラシ・参加申込書はこちら


■アクセス:旧亀宗ビル  常陸太田市東二町2251「鯨ヶ丘商店街」
常陸太田駅より車で5分
※お車でお越しの方は、梅津会館前駐車場をご利用ください。(会場まで徒歩3分)
チラシのアクセスマップをご参照ください。


■問い合わせ:常陸太田市 政策企画部企画課企画係
〒313-8611  茨城県常陸太田市金井町3690番地
TEL:0294-72-3111(内線311、312)  FAX:0294-72-3002
Eメール:kikaku1@city.hitachiota.lg.jp









「としまミュージアム」豊島旧庁舎・豊島公会堂  原高史 / takafumi hara

池袋にある豊島旧庁舎・豊島公会堂でさよならイベント
「としまミュージアム」が開催されます。

としまミュージアム 公式ウェブサイト
http://www.toshima-m.tokyo/

111top_img_sp_convert_20160311040125.jpg









コペンハーゲンKØSミュージアム 原高史/ takafumi hara


コペンハーゲンKØSミュージアム制作、設置

コペンハーゲンKØSミュージアムで展覧会を開催するため、滞在制作をしました。
夏に現地でインタビューして、日本で制作し、美術館の窓に設置しました。

KØS HP

IMG_4899_convert_20160311003700.jpg
IMG_4902_convert_20160311004027.jpg
IMG_4902_convert_20160311004027.jpg
IMG_4919_convert_20160311004716.jpg
IMG_4963_convert_20160311004626.jpg
IMG_4990_convert_20160311004748.jpg
IMG_5002_convert_20160311004915.jpg
IMG_5053_convert_20160311004950.jpg
IMG_5085_convert_20160311005027.jpg
IMG_5122_convert_20160311005110.jpg
IMG_5178_convert_20160311005140.jpg
IMG_5222_convert_20160311005206.jpg





KØS ミュージアムの窓をピンクにします。 原高史 / takafumi hara


3月からコペンハーゲンKØS ミュージアムの窓をピンクにします。

d_convert_20160211102213.jpg
e_convert_20160211102410.jpg
f_convert_20160211102612.jpg
c_convert_20160211094949.jpg
b_convert_20160211093518.jpg
a_convert_20160211093111.jpg








原高史 展 Takafumi Hara Solo Exhibition

10月16日金曜日18時からオープニングパーティがあります。お時間ございましたら是非、ご来廊頂けたら幸いです。


原高史展
Takafumi Hara Solo Exhibition

10/9(Fri.)-31(Sat.) 2015
[Black Girls]
12pm.-07pm.
*定休日:日、月、祝日
*closed: Sun, Mon, National holiday
10月16日(金曜日)18時-

http://wadafinearts.com

オープニングパーティ
ご挨拶
ワダファインアーツでは原高史[Black Girls] を開催いたします。原は人々にインタビューしながら、言葉を集め、その言葉に因んだ絵画をその土地の建物の窓に貼ってゆく、ピンクウィンドウズプロジェクトを約15年間、世界の多くの都市で開催してきました。同時に作家は個人的な芸術表現の手段として絵画、立体、映像などの様々なメディアで作品の制作にあたっております。中でも、絵画作品は特定のモチーフを繰り返し用い、同時に文字を絵画の中に取り込むという独特な手法を用い、このメッセージ性の強さが、作品としての大きな特徴となっています。この展覧会ではペインティング、ドローイング、他、同時期に神戸で開催している六甲アートミーツのプロジェクト映像なども含めた展示をいたします。ご多忙の折とは存じますが、是非、足を運んで頂ければ幸いに存じます。
Y++ | Wada Fine Arts 代表 和田友美恵
Takafumi Hara Solo Exhibition
10/9(Fri.)-31(Sat.) 2015
[Black Girls]
12pm.-07pm.
*closed: Sun, Mon, National holiday
Wada Fine Arts is hosting Takafumi Hara Solo Exhibition from 9th to 31th October at Y++ Wada Fine Arts in Tsukiji, Tokyo.
Takafumi Hara is a painter and project artist. His art practice thematically explores words in painting as a means of personal expression. Hara has interviewed a milieu of people on the history of their lives and personal experiences to inform his paintings. Conversations with people are often at the centre of Hara’s works, being the basis for his renowned ongoing large scale installation Pink Windows Project.
His upcoming exhibition at Wada Fine Arts will be a continuation of his painting works which play with text and human experience occurring alongside his participation in the art event Rokko Art Meets in Kobe, Hyogo


333.jpg








六甲ミーツ・アート芸術散歩2015 原高史 takafumi hara


「六甲ミーツ・アート芸術散歩2015」

signsofmemory 2015 pink windows project

原高史 takafumi hara


現在、神戸で開催中の「六甲ミーツ・アート芸術散歩2015」へ招待作家として原高史が旧六甲オリエンタルホテルを利用したアートプロジェクトを展開しています。この機会にぜひご覧ください。



六甲ミーツ・アート芸術散歩2015
会期:2015年9月12日(土)〜11日23日(月・祝)
時間:10:00〜17:00
休館日:会期中無休
会場:旧六甲オリエンタルホテル・風の教会(会場MAP)
交通アクセス:http://www.rokkosan.com/access/
料金:大人(中学生以上)1,850円、小人(4歳~小学生)930円



作家コメント
旧六甲オリエンタルホテルのピンクの窓
ピンクの窓が一際目立つ。一人の少女(ロッコさん)がさまざまな出来事や出会いのなかで成長していく物語が、32枚のピンクの窓には描かれています。旧六 甲オリエンタルホテルは2007年に閉鎖されました。神戸の町を一望しながら宿泊、食事、結婚式ができた、かつて多くの観光客が訪れた賑やかな山の上のホ テルは、現在廃墟となっています。私はこれまでにも国内外、さまざまな地域で窓プロジェクトを発表しています。対象地域の居住者、関係者たちにインタ ビューを行って得た言葉を、絵とともに描き入れ、作品化してきました。本作は新たな試みとして、六甲山にゆかりのある13名の人たちの、六甲山に対する印象や想いを物語に変換し表現しています。少女の物語は、この場所を訪れた人々によってまた新たな物語とつながっていくのです。
作家 原高史



お問合せ

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2015 インフォメーション
TEL:078-891-0048
WEB:http://www.rokkosan.com/art2015/

主催:六甲山観光株式会社、阪神電気鉄道株式会社

111_2015100210001389c.jpg









© 2000-2010 by takafumihara.jpdesign by piichi.com [tokyo]このページの先頭へ↑